FC2ブログ

安野モヨコ一年の休養を経て活動再開、クリエーターのハードな日々

なっちんが、エンタメ情報を中心に、毎日のニュースの中で気になったことや面白いって思ったことを毎日書いてます♪
【楽天で賢くお得にお買い物をする方法】
「働きマン」「ハッピーマニア」「さくらん」「シュガシュガルーン」と、

漫画を読むほとんどのターゲットに向けて漫画を書いてきた

人気漫画家安野モヨコさん。エッセイ本やインタビュー記事、

原作のドラマ化や映画化など、一躍時代の寵児へ。

多彩な才能で量産するもその忙しさゆえか、昨年休職宣言をして療養されていましたが、

復帰が決定したようです。

働きマン DVD-BOX働きマン DVD-BOX
(2008/10/22)
菅野美穂速水もこみち

商品詳細を見る
⇒⇒⇒芸能・音楽ニュースブログランキングをチェック!!
(以下引用)

執筆活動をほぼ休止していたマンガ家の安野モヨコさんが、

24日付の毎日新聞朝刊などに掲載された宝島社の全面見開き広告のイラストで

活動再開した。安野さんは自身のブログで、「ドキドキしながらですが久々に

依頼されてイラストを描きました。それで、また仕事に戻れそうだな、と

思うことが出来ました」と約1年半ぶりとなる復帰への手応えをつづっている。 

安野さんは、人気マンガ「働きマン」「さくらん」などの原作者で、

体調不良を理由に08年3月、朝日新聞紙上の「オチビサン」以外の連載休止を

ブログで発表。09年に入ってからは、化粧品ブランド「シュウウエムラ」の

ボトルのデザインを手がけ、5月には大阪で個展を開催。ファンとの交流も励みになり、

気力や体力を取り戻してきたという。

安野さんは「休む前と同じようなペースで描くことは難しいですが、ゆっくりでも

確実に進んで行ければと思っています。まずは『働きマン』の加筆修正と、

1年半前から凍結中の短編集の作業を始める予定です」と活動再開を宣言。

「長らくまってくださっている読者の皆さん、本当にありがとうございます。

作業を再開しても単行本がお手元に届くまでは時間がかかってしまいますが、

もう少しお待ちくださいね」とメッセージを送っている。(毎日新聞より引用)

日本の漫画は世界的にもクオリティが高く評価されていて、

次世代の産業のひとつとしても注目されているわりに、待遇面では今一つのよう。

その産業だけの国からの支援制度なり保険なりを検討しても

いいのではないでしょうか。

でもやっぱり、次回作が楽しみです。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する