FC2ブログ

コカ○ン中毒だった過去を激白!人気ミュージシャンの衝撃の過去!

なっちんが、エンタメ情報を中心に、毎日のニュースの中で気になったことや面白いって思ったことを毎日書いてます♪
【楽天で賢くお得にお買い物をする方法】
世界的な人気のヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」のヴォーカル、

ファーギー。実は過去コカイン中毒だったと、Times紙のインタビューで告白して

話題になっています。しかも彼女が初めにはまったのは、押尾事件で大々的に

取り上げられていた「エクスタシー」だった・・・
⇒⇒⇒芸能・音楽ニュースブログランキングをチェック!!
(以下引用)

アニメ映画『スヌーピー』でサリーの声役として8歳でキャリアをスタートさせたファーギーは、

ディズニーチャンネルの人気バラエティにレギュラー出演するなど子役として活躍。

その後、友人に誘われバンド活動を始めアルバムを2枚リリースした。しかし、トラブル続きで

バンドは活動を停止。この頃から薬物にはまっていったという。

「私が最初に手を出したのはエクスタシー。大好きだった。本当に最高だった、

始めのうちはね。それから・・・」と手で飛行機が墜落する仕草をし、FBIの監視下に

置かれていると信じ込み、窓を全て覆い隠し震えながら家に引きこもったり、

物に向かって延々と話しかけたり、イースト・ロサンゼルスで麻薬の売人に

銃を突きつけられる怖い経験もしたと告白。「麻薬は人間を破滅させるわ」と語った。

ファーギーが最後に薬物を接種したのは10年前で、体重が40キロを下回るほど酷い

覚せい剤中毒に陥っていた時期は1年ほどだったが、その間、子役時代に稼いだ貯金を

全て麻薬に費やしたという。また、麻薬を始めたきっかけの一つは

「子役として働いていたこと」であるとコメント。「わがままを言ってはいけない、

自分の気持ちを押さえ込み、大人の中できちんと働かなくてはならない」ため

正常な子供時代が送れずストレスが積み重なり「だから子役は、(何もかも忘れられる)

麻薬にはまりやすい」という見解も示している。(中略)

麻薬を乱用していたことについて語るのは「イメージが悪くなる」と広報に

きつく止められていることもファーギーは告白しており、それでもあえて語ったのは

「麻薬接種は伝染病みたいなもの。そして、止めるのは本当に大変なことだわ。

だからこそ、話すべきだと思って」と熱く語っていた。

(日刊サイゾーより引用)

現在世界ツアー中のブラック・アイド・ピーズ。ファンの間ではファーギーの過去は

もともと噂だったようですが、本人が激白したことでさらに話題に。

日本でも、押尾学がエクスタシーで女性一人が亡くなる事件を起こしたのは

つい最近の話。これ以上の続報がなくなるべく一掃を強化してほしいものですね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する