FC2ブログ

加藤夏希が3000万円の損害賠償訴訟の相手は元カレでマネージャー!

なっちんが、エンタメ情報を中心に、毎日のニュースの中で気になったことや面白いって思ったことを毎日書いてます♪
【楽天で賢くお得にお買い物をする方法】
タレントの加藤夏希(24)が、所属事務所の元マネジャーで元交際相手の年上男性に対し、約3000万円の損害賠償を求めて、東京地裁に提訴しているそうです。
⇒⇒⇒芸能・音楽ニュースブログランキングをチェック!!
(以下引用)
所属事務所関係者によると、2006年5月から今年2月までの約3年間、男性は加藤のマネジャーを担当。2人は当時交際もしており、男性が加藤に定期預金口座を開設すると偽って、加藤の預金から総額約3000万円を私的に横領したとして8月に訴えた。
現在、係争中で、男性側は訴状内容を否認しているといい、同事務所関係者は「刑事告訴も考えている」と話している。
(スポーツ報知より引用)
そして気になる横領した3000万円の使い道。
(以下引用)
きっかけは、≪月10万円ずつ定期預金をした方がいい≫と勧め、加藤の通帳やキャッシュカードの管理を行うようになったこと。しかし定期預金の口座を開設することはなく、預かった通帳から総額約3000万円がパチンコや風俗などに。交際から1年ほどでA氏(彼氏)の勤務態度の悪化や家賃未納などに不信感を加藤が募らせ、何度か別れを切り出すと、「交際をばらす」などと言われたため、結局は交際はズルズルと続く。しかし今年の2月、加藤が事務所の社長に相談し、“事件”が発覚。
社長から問い詰められたA氏は横領を認め、私的に流用したという念書に押捺をした文書を手渡した。
ところが金の返還を求める段階になりA氏側の態度が一変。
「加藤の写真や直筆の手紙を世の中に公表する」「加藤を結婚詐欺、婚約破棄で訴えることもできる」と両親も加わっての“恐喝行為”を続けたため、訴訟を起こすことになった。
(週刊文春より要約引用)
パチンコや風俗に使い込んだあげく、両親と一緒になって恐喝・・・。
12歳から芸能界で活躍していた加藤夏希、彼氏でマネージャーだから信用していたのにこのありあさま・・・お金ってコワイ。
裁判に踏み切ったということは、タレントとしてのマイナスリスクが多いもののそれでも、
ということでしょうからよっぽどなんでしょうね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する