FC2ブログ

早くも渡米準備!?押尾学今日判決・執行猶予は?女性死亡の件は?

なっちんが、エンタメ情報を中心に、毎日のニュースの中で気になったことや面白いって思ったことを毎日書いてます♪
【楽天で賢くお得にお買い物をする方法】
今日、23日の初公判の判決が下される押尾学。これは合成麻薬MDMA使用についての判決で、今日11時から開廷されるため、早くも傍聴券を求めて2000人以上の人が集まっているという。
また、一緒にいて急死したホステスの田中香織さん(30)について、死亡までの経緯と押尾被告の行動に因果関係があったかどうかの保護責任者遺棄などの疑いで詰めの捜査も進んでいるため、執行猶予がついても再逮捕という可能性も。そんな中本人は「立件されないだろう。もう日本では働けないからすぐにでも渡米する」準備を始めているという・・・
押尾学 2004年度カレンダー押尾学 2004年度カレンダー
(2003/11/29)
不明

商品詳細を見る

⇒⇒⇒芸能・音楽ニュースブログランキングをチェック!!
(以下引用)
 2日に麻薬取締法違反罪の判決公判を控える俳優押尾学被告(31)が、米国で芸能活動を再開する意思があることが10月31日、分かった。親しい友人らに「日本では働けないから渡米する」と明言している。かつて、05年10月に大手芸能事務所から独立し、ロサンゼルスで芸能活動を志した時期があったが、再びのハリウッド挑戦となる。

 押尾被告は、今後については公には一切語っていない。同23日の初公判でも、酒井法子被告が「介護を学びたい」と発言したような、自らの出直し方については話をしなかった。ただ、親しい友人や知人らには、すでに将来のビジョンを語っていた。

 2日の判決内容は、都内のマンションで合成麻薬MDMAを使用した麻薬取締法違反罪についてのみで、しかも初犯。執行猶予が付くことが濃厚だ。押尾被告は、自らの逮捕、起訴で公開が見送られた主演映画や、矢田亜希子との離婚で生じる金銭問題もあり、すぐにでも仕事を始めなければならない。ただ、ある知人によると、同被告は芸能界を引退する意向はなく、また前科が付いた元有名タレントが、ビデオ映画などで活動を再開するような形も考えていないという。

 一方で幼少期に米国で生活し、1度は夢に掲げて挑戦したことのある米ロサンゼルスでの芸能活動には前向きでいるようだ。ただ、初公判で米国でのMDMA使用が明らかになった身で、たとえ渡米ができたとしても、すぐに成功できるかは疑問だ。

 3年前の挑戦では、歌手でも俳優でもまったく仕事にありつけなかった。別の知人も「初公判で目立った白髪が生えてきたのも、この渡米時のストレスが原因だったと聞いています」と話した。

 また、警視庁は一緒にいて死亡した女性田中香織さん(享年30)に対する保護責任者遺棄致死容疑での捜査を進めている。任意での事情聴取も受けている押尾被告だが「自分は立件されないだろう」との、見通しを立てているという

 取り巻く現状が厳しいにもかかわらず、押尾被告は本気で、周囲の協力者たちに連絡を取る毎日という。今回の判決が下れば、すぐにでも再出発に向けて準備を進める腹づもりだ。

(「日刊スポーツ」より引用)

・・・この押尾学の見通しはやっぱりピーチジョン・野口社長のバックアップがあるんでしょうかね。買い付けにしょっちゅう渡米しているそうですから。しかしハリウッドは本当に難関。まず「まともにネイティブ並みに英語が話せる」ところで挫折するらしいですし、3年前にダメだったことをもう一度やろうとする根拠というか自信がナゾですね。日本の現実から逃げるようにしか見えないですが・・・
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する