FC2ブログ

黒柳徹子と森繁さん「会う度に『1回どう?』が恒例」

なっちんが、エンタメ情報を中心に、毎日のニュースの中で気になったことや面白いって思ったことを毎日書いてます♪
【楽天で賢くお得にお買い物をする方法】
南田洋子さん、三遊亭円楽さんに続き、森繁久彌さん、と訃報が続いていますね。森繁さんは享年96歳で大往生という声もあります。たくさんの「お別れの言葉」が報道される中、黒柳徹子(76)さんが明かした森繁さんとのエピソードをご紹介。なんでも、会うたびに口説かれていたんだとか。
徹子さんの美になる言葉 その後のトットちゃん徹子さんの美になる言葉 その後のトットちゃん
(2008/10/10)
黒柳 徹子

商品詳細を見る

あの日あの夜 - 森繁交友録 (中公文庫)あの日あの夜 - 森繁交友録 (中公文庫)
(2005/04/25)
森繁 久彌

商品詳細を見る
⇒⇒⇒芸能・音楽ニュースブログランキングをチェック!!
(以下引用)
森繁さんと55年以上の親交があった、黒柳徹子も都内で会見し、思い出を語った。
(中略)
女好きで知られる森繁さんは、黒柳に会う度に「1回どう?」と話しかけるのが恒例だった。あるときなど強引に車へ引きずり込まれて同じセリフを言わされたことも。「今では光栄に思う。もう一度『1回どう?』って言ってほしかった」と、親しみを込めて話した。
(スポーツ報知より引用)

晩年は、自分より年下の役者さんが亡くなるたびに「自分が先に逝きたかった」なんてコメントしていた森繁さん。亡くなると栄光の過去ばかりフォーカスされますが(もちろん偉大な方なのですが)、こんなエピソードのほうが何だか「素敵」な気がするのは私だけでしょうか。
松田優作さんも先日没後20年でしたが、やはり「肉食系男子」だったと松田美由紀さんが「いいとも!」で話していました。
今こんなことをさらりと言える男性、なかなかいないですよね。いいですね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する