FC2ブログ

今だから話せるモー娘裏話を安倍なつみが激白

なっちんが、エンタメ情報を中心に、毎日のニュースの中で気になったことや面白いって思ったことを毎日書いてます♪
【楽天で賢くお得にお買い物をする方法】
爆笑問題が司会で、昔活躍したタレントに「当時の裏話」を聞くトーク番組

「キズナ食堂」。7月18日はモーニング娘。初期メンバー安倍なつみ・中澤裕子・

飯田圭織と2期メンバー保田圭・矢口真里そして4期メンバー辻希美が出演して
 
今だから語れる舞台裏を激白してました。

メンバーは本当はあんまり仲よくなかったとか、辻ちゃんは最悪の問題児だったとか・・・
⇒⇒⇒芸能・音楽ニュースブログランキングをチェック!!
安倍なつみ「メンバーみんなライバルだから、仲良くなかったし、心許せなかった」

初代リーダー中澤も「友達じゃないから」とキッパリ。まあそうでしょうねぇ。

そして一番仲が悪かったのは矢口真里と飯田圭織(これはよく聴く話ですね)。

飯田が「踊り違うよ」と指摘すると矢口が「あなたに言われたくないです」と反発していたんだって。

でも踊り違ったらだめじゃんね。

また、辻ちゃんは「スタッフが嫌がるくらいずっとうるさかった」とつんくに言われるほど。

(これもなんかで聞いたことあるな)

矢口も「モンスターです。何かあると泣き始める。打ち合わせ中にお菓子をずっと食べてる。

あまりに叱りすぎて申し訳なくて(辻の)親に一回挨拶しようと思った。

 でも徹底的に怒ろうと思いました。人間にしようと思って」
(以上7/18放送「キズナ食堂」よりなっちんヒアリングで抜粋)

日本中の女の子が「夢はモー娘。にはいること!」と憧れた(過去形)国民的アイドルって

やっぱり裏は大変なんでしょうね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する